良い名刺を作るなら専用の機械で印刷してくれるプロの業者に委託

businesscard

高品質な名刺印刷のポイントとは

名刺を手に持つ男性

職業によっては高品質な名刺が必要になります。もちろん、どの業者も品質そのものを見るとかなり高いレベルにあります。けれども低料金化が進む中で、どうしてもコスト削減によって品質面で確保できない部分が出てきています。
例えば同じデータでも同じ色が再現されないことがあります。これは印刷サービスによっては複数の印刷工場に作成を委託していることにより、それぞれの工場での標準濃度で印刷されるからです。単発で名刺印刷を注文するのであれば、全く問題はありません。けれどもリピートで同じ名刺を注文する場合には、色調の安定性は必要です。例えば会社のロゴマークなどは重要なポイントになるので、色を変えるわけにはいきません。
そこで印刷の自社工場を持っている業者を利用することが必要になります。自社工場であれば色調管理も行っているので、同じ色で何度でもリピート注文できます。あるいは複数の工場に委託する場合でも、それぞれがジャパンカラーを採用していれば安心できます。ジャパンカラーは共通する標準濃度なので、同じデータであれば同じ色で印刷することができます。このような点に注意をすることによって、希望するような品質の名刺印刷が可能となります。

名刺印刷を注文する際の印刷方式の選び方

名刺印刷を注文する際には、印刷方式にもこだわりたいものです。印刷方式には従来のオフセット印刷と、デジタル方式のオンデマンド印刷があります。オフセット印刷は高速で回転するインキローラーから印刷する網点にインキを転写し、そこからゴム製のブランケットにインキを移した上で紙に転写する形となります。
毎分数百枚のスピードで印刷できるのが特長ですが、逆に印刷枚数が少ないと料金単価が割高となってしまいます。
けれどもその高品質さを求めて、名刺印刷でもオフセットを選ぶ人は多いものです。アルミ板に焼き付ける網点をどれほど細かくするかによって、高精細印刷が可能となります。
さらに色の安定性が抜群なので、高品質な名刺を求めるのであれば必須と言えます。一方でオンデマンド印刷の場合は、印刷スピードそのものは決して速くはありませんが、印刷するまでの準備が短いのが特長です。そのために、注文してからわずか数時間で仕上げる印刷サービスも多くあります。オフセットほどの精細さと色の安定性はありませんが、この納品の早さが大きな利点と言えます。それぞれの特性を良く把握することによって、自分はどちらを選べば良いのかがわかるというわけです。

名刺印刷はなぜ簡単に注文できるのか

ネットプリントサービスが普及したことにより、名刺印刷は非常に簡単に注文することができるようになっています。これはサイト上で誰でも手軽に手順に従って作業するだけで注文を確定できるからです。
名刺はまずデザインを作ることが必要ですが、ネット印刷では最初からテンプレートという形でデザインを用意しています。しかもビジネスや店舗、プライベートなどの用途に分けて必要とされるデザインを選べるようになっています。次にデザインを決めたら文字を打っていきます。名前や連絡先、その他好きなコンテンツを自由にサイト上で打つことができるので、簡単にデザインのレイアウトを決めることができます。フォントの種類やサイズを変えることによって、受け取る人の印象が大きく変わるようになります。
また名刺で重要な要素となるのが用紙選びですが、ネット印刷サービスではそれぞれ、個性的な用紙を用意しています。オーソドックスなものから特殊なものまで揃っているので、自分が必要とする雰囲気のものを選ぶことができます。デザインはこれまでデザイン会社に頼むこともあったものですが、今では自分で好きなように、しかも求めるイメージのものを作成できるというわけです。

headline